2014年03月27日

78分の50

50枚目のカードはコインの3.
長期的なスランプのなか、なんとか仕上げましたが、あまり気に入っていません。
盛り込みすぎ。

coin3.jpg

ライダーウェイト版でたびたびモチーフになっている教会やキリスト教、エジプトのイメージを現在のそれも日本のものに置き換えるのはいつも苦労しますが、今回も力技で近代的に。

場所は大阪の長居公園。博物館前の広場です。天井がガラス張りのアーチになっていて、複雑な骨組みが教会のイメージと重なります。蜘蛛の巣のような骨組みは、そのまま地面に陰を落としますが、中央に吊るされているクジラの骨格模型の陰と相まってまるでレースのようです。それを描きたくて軽い気持ちで初めてみましたが、大変すぎてゲロ吐きそうでした。骨格の陰のあたりかなり投げやりにお茶を濁してしまった。

教会の司祭と貴族たちの姿は、案内人と入門者で代替えしてあり、案内人は僭越ながら私です。私のカードなんだから、大好きなコインの3の司祭として登場してもいいじゃない!ということで。
入門者たちの服装や持ち物は、アラブ、ギリシャ、イギリス、アメリカなどの国旗をモチーフにしてデザインしました。服の柄を描きこむのに、無駄に時間がかかっています。

エジプトや中東、アラビアの諸国の国旗を調べていると、古代から内戦が絶えない地域なので、何度も何度も国旗が変わっていて、共通しているのは、緑、白、黒に、赤が入っていて、ときにはそこに星や鷹やアラビア文字が入ります。黒は内戦の歴史で、白は平和、赤が血、緑が豊かな国土を表しているのだとか。(間違ってたらごめんなさい)

このカードに取り組んでいる間に、タロット部が2回挟まったので、コインの8とカップの10のラフができていて、気持ち的にははやくそちらにとりかかりたかったので、やっとという感じです
posted by emi at 19:23| Comment(0) | タロットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする