2016年04月28日

78分の55

タロットカード制作の55枚めは、小アルカナカップの7.

カップの7は、目移りカード。誘惑がいっぱいあるが、そのどれに対しても受け身な態度なので、欲をかいてますます選べなくなる。欲望に対する受け身な姿勢は、このような構造を持っていて、働きかけないがゆえに損得勘定がすべてになることで欲かきスパイラルの罠に陥る。カップは受動原理なので、奇数のときに困った状況になりやすく7はその典型ですね。
3では仲間内でキャーキャー盛り上がり排他的な側面が否めなかったし、5では心奪われたことにショックがでかすぎて恋する楽しみに目を向けられなくなり、7で目移り。カップはそういう「いやらしい」自己保身自己憐憫スートです。
好きですけど。描いていて楽しいですけど。蟹座ですから。

cup7.jpg

火星、木星、土星の逆行続きで「描き直し習慣」に突入中にも関わらず、何故か新しいカードに着手したので、完成に通常の何杯も時間がかかりました。もうすぐ水星も逆行開始ですね〜。
細かい部分を描きこむのが楽しすぎて、いつまでもいつまでもごちゃごちゃ描いていたかんじ。そうしたら、乙女水星のラクシュミーさんが、身もだえするくらい喜んでくれて、やってよかったと思いました。双子座水星の私もこういうの大好きなんです。
細かすぎて見えないかもしれないのですが、7-cup, ARCANA C, 七衛門 などをお楽しみください(笑
posted by emi at 11:06| Comment(0) | タロットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

描き直し4

今回の描き直しは、コートカードでワンドのペイジ。

以前のものは、娘がモデルで頭にマリーさんの耳を付けていた上に背景がディズニーランドだったので権利問題が微妙かなと思ってめんどくさくなって描き直しました。社会三天体(火星、木星、土星)の、同時逆行時に描き直しシリーズに手を出しておいたら、きっと順行に戻ってからがずっと楽になるはずと信じて、しばらくがんばります。登山でいうならば、頂上目指しながら迂回してしかも下り坂を降りているかのような作業なので、心境的には嫌ですけどね。

pageofwands2c.jpg

ワンドのペイジは、「ワクワクの始まり」カード。ペイジはすべて、「始まり」「とっかかり」「見習い」の状態の擬人化なので、戦いと野望のスートであるワンドは、根拠のない自信や展望に対する楽観性を有する。勝てると思うから戦うのである。だれも負け戦に挑みたいとは思わないのだ。ワンドのペイジには、「できる」「勝てる」ことに対するフレッシュな確信があり、アドレナリンが充満している。

ゆえに、このカードに描かれているものは楽しかったことや興奮したことばかりにしてみました。2月に京王百草園に行ったとき満開の梅を見上げている私を連れが撮ってくれた写真がモデルです。背景は、先日鎌倉旅行に行ったとき、初日に登った江の島からの展望。江の島楽しかったなぁ。

この絵をツイッターにアップした直後に母から、「私の娘そのもの!写真よりもエミに似てる。」とのリプライがありました。速攻でばれた(笑)そう。これ私。

コートカードはとてもとても難しいです。今後も今回のように、活き活きと人物が描けますように。
posted by emi at 17:53| Comment(1) | タロットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。