2016年04月19日

描き直し4

今回の描き直しは、コートカードでワンドのペイジ。

以前のものは、娘がモデルで頭にマリーさんの耳を付けていた上に背景がディズニーランドだったので権利問題が微妙かなと思ってめんどくさくなって描き直しました。社会三天体(火星、木星、土星)の、同時逆行時に描き直しシリーズに手を出しておいたら、きっと順行に戻ってからがずっと楽になるはずと信じて、しばらくがんばります。登山でいうならば、頂上目指しながら迂回してしかも下り坂を降りているかのような作業なので、心境的には嫌ですけどね。

pageofwands2c.jpg

ワンドのペイジは、「ワクワクの始まり」カード。ペイジはすべて、「始まり」「とっかかり」「見習い」の状態の擬人化なので、戦いと野望のスートであるワンドは、根拠のない自信や展望に対する楽観性を有する。勝てると思うから戦うのである。だれも負け戦に挑みたいとは思わないのだ。ワンドのペイジには、「できる」「勝てる」ことに対するフレッシュな確信があり、アドレナリンが充満している。

ゆえに、このカードに描かれているものは楽しかったことや興奮したことばかりにしてみました。2月に京王百草園に行ったとき満開の梅を見上げている私を連れが撮ってくれた写真がモデルです。背景は、先日鎌倉旅行に行ったとき、初日に登った江の島からの展望。江の島楽しかったなぁ。

この絵をツイッターにアップした直後に母から、「私の娘そのもの!写真よりもエミに似てる。」とのリプライがありました。速攻でばれた(笑)そう。これ私。

コートカードはとてもとても難しいです。今後も今回のように、活き活きと人物が描けますように。
posted by emi at 17:53| Comment(1) | タロットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
この画を上からスクロールしていて顔が見えたとき、
あ、これは笑みさん自身だ、と思いました
それから全貌が見えて、そこに載せられた文を読んで、あら!当たった笑
と思いました

わたしは今とても大事な節目なのか、毎日毎日いろんな崩しと気付きを得る連続で、
もうこんなに苦しい、約20年、同じことの繰り返しなら、これ以上はもう進みたくない、ほんとうにもう回収して欲しいとそらに願った
そんなとき、年頭にたまたま出会ったタロット占いの動画に今年一年進む勇気をもらえたことを思い出し、
一昨日そこを開いたら、7月の占いが載っていて、
そこにわたしが欲しがっていた現状とその先の道しるべがありました

その解説を聞いていて
タロットをほぼ知らないわたしにとってわかりにくいことや、ちょっとした違和感が残ることがあって、今日本屋さんへタロットの本を探しに寄りました
そのとき、そういえばここで、いけだ笑みさんとお会いして、タロット本を購入したっけ!と思い出し、すぐ家に帰りました

札幌の本屋さんで約一年前に笑みさんと初めてお会いしました
わたしはタロット占いは少し怖いイメージがして笑、今まで全く触れたことがなかったのですが、
たまたまイベントをされていた場所に出くわして、
これも何か必要な巡り合わせかなと思って、それに乗ってお願いしました
本の購入で占いも体験させていただけるとのことで、お願いしました
二枚カードをひいての占い
そのとき出たのは、カップのペイジと、ソードのクイーン
あまりにもわたしのそのときの状況と感情そのままで、すごく驚いた
一番感激したのは、そこになんの関係もなく、作用もされずに、ただ事実というのか、
あるがままにその事象だけが出された、ということにとても衝撃を受けました
そしてもうひとつ
そのあとで笑みさんに握手をしていただいたのですが、
そのとき伝ってきたのが、無であるということ
からっぽ
いい意味で、空洞で、
わたしと、わたしが問いた先との間で、ただのそれを伝えるツール、みたいな、ただの手段として間にいる、という感覚がしました
例えるならスピーカーみたい
そこに一切の笑みさんがいない
わたしに対するメッセージにおいて、笑みさんの感じることや考え、思いなどが一切無くて、
言うなれば、わたしにとって余計な笑、ものがない、という感覚を受けました
そのプロフェッショナルさというか、それは当たり前のことなのかも知れないけれど、
その徹底さを、しかもそれが当たり前というか、自然な行為として感じられ、わたしはまたひとつ感激をしました
その日の経験とその手に残る感覚は今でもよく覚えています

今月の占い、水瓶座の中にこのワンドのペイジがいて、
その子がわたしの中で釘付けになってるみたいにあって、
そしたらこのページがあって
でそれが笑みさんで
なんかすごく嬉しかったです
自分の意識 情熱、若い
やる気と少しの不安、よい意味で深呼吸して背筋を伸ばしたような気持ち
わたしの意思
このワンドのペイジはわたし自身だ
そのやる気、気持ちが大事
それがはじまり、動かす一歩

よしやるぞ、そんな思いを受け取っていた
それを笑みさんのこのページを見て、そういう解釈で受け取ったわたしの感覚を後押しして、うん、大丈夫よ、と言ってもらえたみたいな気になった

いつか笑みさんとお話をしてみたいな、と思っていました
今は鑑定をなさっていないようなので、機会が無くて残念ですが
このタイミングでこの場にこれたことも、もしかしたらワンドのペイジかな、と思って笑、コメントを書かせてもらいました
必要ならタイミングは来る、と思っているので、
その日がいつか来るといいなあと思って、また進んでみます
突然の長文、失礼しました
どうもありがとうございました
では
Posted by emu at 2016年07月09日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。